海外FX

Genetrade(ジェネトレード)の評判や特徴をわかりやすく解説。

Pocket

Genetradeは2018年に設立されたばかりの海外FXブローカーです。
最大1000倍のレバレッジを武器にユーザーの支持を獲得しています。

キャンペーン・ボーナスも頻繁に開催しているので、資金の少ない初心者の人には特にオススメです。

この記事では、そんなGenetradeの評判とブローカとしてのスペックをわかりやすく解説していきます。

Genetradeの企業情報と基本情報

始めにGenetradeの企業情報を見ていきましょう。Genetradeの会社情報は以下の通りです。

運営会社 Genius Trading LTD
設立 2018年
登録住所 ベリーズ
5 Cork Street, Belize City, Belize
金融ライセンス イギリスFCA

GeneTradeの運営会社は、ベリーズで法人登録している「Genius Trading LTD」です。

Genetradeが海外FXのサービスを始めたのは2018年で、ベリーズに本社を置き、運営しています。ベリーズは聞き馴染みがない国ですが、タックスヘイブン(租税回避)に人気の国で、海外FXの中でもベリーズで運営している業者は多くあります。

金融ライセンスは、IFSCのライセンスを取得。このライセンスは、XMの系列であるSuperforexもここで取得しておりライセンスの信頼度があるようです。

続いてはGenetradeで選べる口座タイプと特徴をみていきましょう。

Genetradeの口座タイプ

Genetradeの口座タイプは「マイクロ口座」と「スタンダード口座」の2種類あります。それぞれのスペックは以下の通りです。

口座タイプ マイクロ スタンダード
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍
ロスカット 20% 20%
追証の有無 なし(ゼロカット採用) なし(ゼロカット採用)
取引ツール MT4
MT4
ロット単位 1,000通貨 10万通貨
最小取引単位 0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 5,000ロット 50ロット
スキャルピング 可能 可能
最低入金額 500円 500円
口座維持費用 無料 無料

マイクロ口座とスタンダード口座の違いはロット単位だけで、レバレッジやスプレッド、ロスカット水準などは同じ条件で取引できます。

少額から取引したい方はマイクロ口座で、多めに取引したい方はスタンダード口座を選ぶのがおすすめでしょう。

マイクロ口座は1ロット1000通貨から取引可能で、スタンダード口座は1ロット10万通貨から取引できます。

上記の特徴を踏まえた上で、ここからはGenetradeの取引条件をみていきましょう。

Genetradeの取引条件

Genetradeの取引条件をスプレッド、スワップポイント、通貨ペアの観点からそれぞれ詳しく見ていきます。

スプレッド

Genetradeのスプレッドは業界でもかなり狭い方です。以下、Genetradeのそれぞれの口座と海外FXで1番人気のXMと比較していきます。

 

Genetrade
マイクロ口座
Genetrade
スタンダード口座
XM
スタンダード口座
手数料 無料 無料 無料
ドル円 1.6~1.8pips 1.6~1.8pips 1.6~1.8pips
ユーロ円 2.0~2.3pips 2.0~2.3pips 2.1~2.5pips
ユーロドル 1.5~1.8pips 1.5~1.8pips 1.7~1.9pips

GeneTradeのスプレッドはマイクロ口座とスタンダード口座は同じスプレッドが提供されています。

ドル円は1.6~でスプレッドが広いと言われているXMと同水準。

スプレッドは変動制のため一例にすぎませんが、広いスプレッドのためスキャルピングなどの短期投資にむいていないでしょう。

続いては、Genetradeのスワップポイントについて見てきます。

スワップポイント

Genetradeのスワップポイントは、ロングシショートともに支払いが高めに設定されています。

以下はGenetradeとXMの主要通貨のスワップポイントです。
ただし、スワップポイントは毎日変化しているので、実際は多少異なります。参考程度にご覧ください。

 

Genetrade XM
買いスワップ 売りスワップ 買いスワップ 売りスワップ
ドル円 8円 -82円 -19円 -32円
ユーロ円 -47円 -24円 -40円 -26円
ユーロドル -98円 23円 -50円 -10円

一般的に海外FX業者のスワップポイントは、売も買もマイナスが多い傾向にあります。

Genetradeもマイナスが多いですが、プラスも少しありますね。
マイナススワップの時の額がGenetradeは特に高く、長期投資の際はスワップに注意する必要があるでしょう。

通貨ペア

続いては通貨ペアです。Genetradeでは57種類の通貨ペアを取引することができます。
一般的に人気の通貨ペアは網羅した上で、為替だけではなく、貴金属も取引できますので、基本的な銘柄を取りひきしたい人にとっては、安心して取引できるでしょう。

Genetradeの特長優れている点

ここまでGenetradeの基本的なスペックについて説明してまいりました。
ここからは、Genetradeが他の海外FX業者と比較した時に優れている点について解説していきます。

Genetradeが特に優れている点は以下3点です。

Genetrade優れている点

・最大1000倍のレバレッジ

・口座開設で5,000円ボーナス

・最低入金額が安い

 

それぞれ見ていきます。

口座開設で5,000円ボーナス

Genetradeは口座開設するだけで5,000円のボーナスをもらうことができます。

海外FXといえば、ボーナスですが意外と口座開設ボーナスを実施している業者は少ないです。

Genetradeは5,000円分のお試しトレードができるので、初心者にとってはありがたいですね。

最低入金額が安い

Genetradeは最低500円から入金ができます。
初心者の方や、お試しでトレードする方はいきなり大きなお金を入金したくないですよね。

Genetradeなら少額、小ロットで取引を開始できるので、お手軽に取引を開始できるでしょう。

Genetradeをおすすめしない人

ここまでの説明を踏まえて、Genetradeをおすすめする人とおすすめしない人を見ていきます。まずはおすすめしない人です。

Genetradeをおすすめしない人は以下のような人です。

おすすめしない人

・狭いスプレッドで取引したい人
・高い信頼性のある業者で取引したい人

 

GenetradeのスプレッドはXMと同水準でかなり広いです。
その分、豪華なボーナスと高いレバレッジでユーザーに還元してくれていますが、スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードをした方にとってはお勧めできません。

また、2018年から運営を開始したGeneTradeは、運営歴の短さから信頼性に関してはまだ判断できません。

安全な業者で取引したい方は、他のブローカーを使ったほうがいいでしょう。

Genetradeをおすすめする人

一方でGenetradeが適している方は以下のような方です。

おすすめする人

・高いレバレッジ取引したい人
・ボーナスを利用して取引したい初心者

Genetradeは、最大レバレッジ1000倍で海外FXでもトップレベルです。また、口座開設するだけで5,000円のボーナスがもらえるので、初心者でも取引開始しやすいです。

500円の入金から取引できるのも嬉しいポイントですね。

Genetradeの評判

最後にGenetradeに対する世間の評判を見ていきます。

まずは悪い評判を見ていきましょう。

Genetradeの悪い評判

Genetradeの悪い評判は、サーバーの不具合や
過去に出金拒否があったのでは?と言う噂が流れていました。

Genetradeの良い評判

https://twitter.com/noradanuki_chan/status/1288120274550845445?s=20

Genetradeの良い評判はボーナスで利益を出したということや、出金に関する良い評判がありました。